私の若い頃に、SNSがあったなら……?

私は既婚女性ですが、夫とは友人の紹介で知り合いました。

というか、当時(何年前かは伏せますが)はスマホもSNSも普及していなかったので、出会いは人の紹介や、お見合い位しかなかったような。

例えば、同じ趣味の人と出会おうにも、サークルや同好会に入るとか。

もしくは雑誌の「文通募集コーナー」に応募するとか。

雑誌に本名住所を載せていたのですから、今思うと凄いですよね。

個人情報という観念が、あまりなかったですもの。そう思うと、今はInstagramやツィッターなど、様々なツールがあるので便利ですね。

twitter 出会い結構あるよ~っていう人もいますね…。

出会いを求めている方も、求めていない方も、それぞれに楽しめますから。

もっとも顔や本名が出ない分、相手の正体が見えない怖さはあります。

犯罪目的だったり、実はプロフィールが嘘ッパチだったり。ニュースで事件の報道を見る度に、SNSの怖さも感じます。

もっとも知人はmixiの趣味のコミュニティで、結婚相手と知り合ったそうですが。

使いようによっては便利だけど、私には向かないかもなあ……と考えて、苦笑いです。

相手を見抜く目があれば、別ですけれど。