安定期に入ってからの妊婦体操

私は市のマタニティー教室で習った妊婦体操をやっていました。まずは安定期に入ったこと。お腹の張りが無く、切迫状態でもないことが大切とのことで、私は出来る状態でしたので、無理の無い範囲で夜寝る前に毎日10分程度行うことにしました。

妊娠中は関節がゆるくなるので、激しい動きではなく、ゆっくりと反動をつけずに行います。

まずは上半身の運動から。あぐらをかいて座り、背筋を伸ばして息を吸いながら合掌した手をあげて、吐きながら両腕を開いておろす。何回かやります。

そして、肩回しや手を合唱して押し当てる運動をします。

次は骨盤底を開く運動です。あぐらをかいたまま、お腹を膨らませながら息を吸って、お腹をへこませながらゆっくり息を吐きます。そして膝を下に押します。その後しゃがんで手を合掌し両肘を膝の内側に入れて両膝を広げながらしゃがみます。この時もゆっくり呼吸をしながら。

次はねこのポーズです。骨盤や背骨の矯正になるよう。四つん這いになって息を吸いながら頭を下げて背中を丸くし、息を吐きながら顔を前に突き出します。

最後はねじるポーズです。立ったまま息を吐きながら体をねじって、吸いながらもどす。これも何回かやります。

全てゆっくり呼吸しながら動くのが大切とのことです。

安産のためにすることは色々ありますけど、安産体操は、自分でできてお金も掛からないのでおすすめです。